野球障害例

野球障害例

HOME > 野球障害例

  • 野球による障害の例です。お悩みの症状はありませんか?

    選手それぞれで体の骨格から肉づきも千差万別ですので以下の症状はあくまでも参考です。
    どうしても痛みが引かなかったり、気になるようでしたら専門医に相談してください。
    当院ではひとりひとりに合わせてきちんとご相談の上、「治療」&「トレーニング指導」で悩みの症状を解消するお手伝いをさせていただきます。

  • 【野球肘】肘の曲げ伸ばし時の痛み

    剥離骨折や骨端線離開の可能性が考えられます。
    これは筋肉の力によって引っ張られたために骨が欠けてしまった状態です。
    肘の内側にズキンとした痛みがはしります。
    角度によっては痛みは治まることもあるため我慢してしまいがちですが、早めに専門医に見せましょう。

  • 【野球肩】投球動作などで腕を上げた時の痛み

    インピンジメント症候群の可能性が考えられます。
    この症状は骨と骨の間に筋肉が挟まれるために起こる痛みです。
    これは適切な治療とリハビリが必要です。
    安静にした上で治療を検討してください。